羊毛フェルトのちぃさなアトリエ noco*ru 『ruru*のぽっけ』

2017.08.20.Sun

命の危険を感じた日

 


こんにちは、ruru*です



昨日は前から楽しみにしていたイベントへ。

そこでお気に入りを見つけ、ほくほく で帰宅したのですが。



駅からお家へ向かう途中で、急な雷雨。




大粒の雨。


ピシッッ! とガラスに亀裂が入った時のような音に、

バリバリバリバリッッ!!! という雷鳴。


そして閃光!


それが頭上で 何度も何度もくり返します。



そして近くに落ちた とわかる落雷の音!!



何度目かの落雷の音に 悲鳴を上げて思わず うずくまった時、



「これ、絶対ヤバいですよね?!?!」 と声が!




ふり返ると、まったく同じ体勢でうずくまる見知らぬ女性。



   「これ、絶対ヤバいヤツですよねっっ?? どうしましょう?!?!」

「そうですね!でもどうしたら一番いいんでしょう?!」

   「どっか軒先で雨宿りしたほうがいいんでしょうか??」



まわりは住宅街。

見渡しても駆けこめるようなお店もありません。



「お近くですか???」

   「いえ、もう少し先です!」

「私もです!」



その間にも、何度も何度も

落雷、閃光、雷鳴、そして落雷、 と 頭上でくり返します。



小さく悲鳴をあげながらも、

ほんのわずか雷鳴が途切れた瞬間、



「お家まで頑張りましょう!!!」


と 立ち上がって、低い姿勢のまま早歩きで家へ向かうことに。



こんな時、不思議なもので

意外と頭の中ではいろんなことを考えていました。



さくらは大丈夫だろうか。

ここで雷で死んだら恥ずかしいな。

いやいや、そうなったら さくらはどうなる?!だめだめ!!

カミナリの時の避難方法、勉強しとけばよかったな。

これじゃ私、サバイバルになったら生き残れないなぁ。

無事に帰れたら、すぐ調べよう。

駅で雨が過ぎるの待てばよかったかな。

買った物、濡れてるかな。

も少し早く帰ってくれば良かったな。

Bさんたち、大丈夫かな。   (Bさん=この日、出先で会った人)

お願い!カミナリ鳴らないでーー


などなど。。。




何度かある分かれ道のたび、

後ろをふり返ると まだ見知らぬ女性が必死について来ています。


「大丈夫ですかーー?!」

   「なんとかーーーーー!」



私にとっての最後の分かれ道。

ふり返ってみると、その女性も同じ方角に!



「私、こっちなんですけど大丈夫ですか?!」  と言うと、

   「私はそこですー!」 と指差す先は、数件先のご近所さん。



思わずほっとして、お互いにちょっと笑っちゃって。


「良かったです! それじゃー気をつけて!!」 と、お互いに別れました。




急いで鍵をあけ、ドアをあけながら さくらー?!と呼ぶと

いつもと変わらず、玄関までお出迎えしてくれていました。



「大丈夫?!怖くなかった???」 と聞くあいだ、

いつののように私の持ち物チェックをして。



満足したのか、平然と窓際に。




さくら ノルウェージャン 愛娘 雷へーき

『 こんニャの、ぜんぜん怖くないニャよ~~~ 』





どうやら私なんかより、

よっぽど大物のようです・・・ σ(´ x `;*)



自然の偉大さ、畏怖の念、

人間のちっぽけさを あらためて実感した時間でした。



備えあれば憂いなし。

みなさんも いざという時のために、

ぜひぜひ避難方法を確認してみてくださいね。






            





    ↓ ぽちっとなノダ★
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ  ご訪問ありがとうございます。
                   今日もステキな1日になりますようにハート

 .....................................................................................................
関連記事

コメント

2017.08.20.Sun

こんばんは~♪

急な雷の襲来、怖いですよね!
ruruさんもご近所さんもご無事で何よりでした
仰る通り避難方法を習得しておかなくてはと改めて感じてます
我が家でも先日いきなりの轟音と閃光に見舞われ
一瞬にテレビが真っ黒になってしまいました
マンションのアンテナに落ちたのでしょうか・・・
避雷針があるので安心してましたがまさかアンテナに落ちるとは
まだまだ不順な天候が続きそうです、お互い気をつけましょうね。
2017.08.21.Mon

なんかそちらの雷が凄かったようですね~
私もすぐそば(と言っても100m位先か)に
雷が落ちたことがあってもう次は自分に
落ちるんじゃないかと生きた心地がしなかったのを
思い出しました。
天気が急変するから怖いですね~
お気を付けくださいね^^b
2017.08.21.Mon

○* 。風さんへ 。*○

風さん、こんにちは^^

ありがとうございます。
本当に、雷がこんなに怖いものだとは思いませんでした☆
帰宅後さっそく調べましたが、軒先も窓際もNGとのこと。
家電からも1m以上離れること、と書いてありました。
カミナリ座りというものもあるようです。
最近、天候の急変が増えてますよね(;´・ω・)
風さんもどうぞお気をつけて。
2017.08.21.Mon

○* 。fourdoor0810さんへ 。*○

fourdoor0810さん、こんにちは^^

はい、すごかったです☆
ニュースで落雷の様子を見ましたが、あらためて客観的に見ると
なおさらあの時のヤバさを実感し、怖さがよみがえりました(;´・ω・)
fourdoor0810さんも怖い思いをしたことがあるのですね!
子供の頃、青森にいた頃には雷ってあまり記憶にないのですが。。。
これも温暖化の影響のひとつなのでしょうか。
fourdoor0810さんもお出かけの際にはお気をつけくださいね。
2017.08.21.Mon

本当に凄かったらしいですね。
その日は花火大会などもきっとあったでしょうが
それどころではないですよね。

私も隣の建物が火事で全焼したことがあって
そんな時って不謹慎かも知れませんが
人とのつながりを普段より強く感じたりするんです。
災害が導いてくれた出逢いもあったり・・・

きっとお外の鳥さんや猫さんは上手に避難してるんでしょうね!

2017.08.22.Tue

そりゃ怖かったですね。
今朝のテレビで「耳を手で塞いで、かかとをくっつけて、しゃがむ」と
言ってましたけど、待ってると思う一刻も早く帰りたいですよ。

見ず知らずの方でもお連れさんが居るとちょっと心強い。
ご近所さんなら、ち―こちゃんの置き土産同様に
またお会いするかもしれませんね。
ご無事でご帰還なによりでした。
2017.08.22.Tue

○* 。ぬこさんへ 。*○

ぬこさん、こんにちは^^

はい、本当にすごかったですヾ(・ω・`;))ノ
ニュースでは花火大会会場でシビレを訴えて
病院に運ばれた人もいたようです。

お隣が火事とは!
怖くて不安になられたことでしょうね。
非常時に人とのつながりを強く感じるということ、よく分かります。
大震災の時もそうでした。。。
日ごろから隣人との交流を持つことの大切さを感じますが、
今ではなかなか難しいです。。。(´・ω・`;)

こんな時、お外の鳥さんや猫さんのこと心配ですよね。
でもただただ怯えていた私なんかと違って
きっと彼らは自然を受け入れ、寄り添い、
仲間と守りあう術を持っていると思います。
彼らから学ばなければならないこと、たくさんありますね(*´ー`)
2017.08.22.Tue

○* 。布遊子さんへ 。*○

布遊子さん、こんばんわ^^

それはカミナリ座りという座り方ですね。
私も帰宅後、すぐに避難方法を調べてみたら出てきました☆
怖い思いをした直後に調べて覚えたので、
もう絶対忘れないと思います(´ㅂ`;)

>見ず知らずの方でもお連れさんが居るとちょっと心強い。
本当にその通りでした。
これがご縁でご挨拶できるくらいの関係になれたら嬉しいですね。
なんだかんだと都会では隣人関係も希薄だと感じます。
思いがけないところでできたご縁、大切にしたいですね^^
ありがとうございます(*^ー^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rurunicoru.blog.fc2.com/tb.php/222-68ec454f

 | HOME |