羊毛フェルトのちぃさなアトリエ noco*ru 『ruru*のぽっけ』

2013.04.11.Thu

提案







色々あったけど


こんな感じでここまで来たノダ、




そう言って、ちんまい子はにっこりと笑った。







ruru*の ぽっけ-ruru*のぽっけ - nico*ru -


『 ね? ruru*、 いっしょにいても いい? 』






え~・・・と。。。





まぁ・・・


こんな大変な思いをして、ここまで来たと聞けば




追い出すのもなんとなく心が痛む。





それにビビリーな うちのニャンが威嚇してないし・・・



悪い子でもなさそうだし・・・





などなど。




いろいろ理由(いいわけ?)をこね回したけれど。







結局、私はこの子に興味があるし


なにより




私はこの子が好きなんだ と 気が付いてしまった から。






平静を装い、カフェオレに手を伸ばしながら





「別に、いいけど」




と、


そっけなく言った。








ruru*の ぽっけ-ruru*のぽっけ - nico*ru -

『 うふふっ♡ 』




何やら意味深に笑って、そのちんまい子は




ありがとなノダ



と言って、





嬉しそうに ふふふっ と笑った。







意味深な笑いに、なんだか見透かされたような気がして


はずかしいような居心地の悪さを感じたけれど




それは無理やり、意識の外へ追いやった。








こうして。



不思議な共同生活が 始まった。













手描きふうクローバー       手描きふうクローバー       手描きふうクローバー       手描きふうクローバー       手描きふうクローバー

 












関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rurunicoru.blog.fc2.com/tb.php/23-731f4676

 | HOME |